01

第3回コーヒー生産国研修のご案内JCQAのお知らせ

  • 全日本コーヒー検定委員会は、第3回目の「コーヒー生産国研修」を実施します。
    今回は、インドネシア、バリ島のアラビカ、ジャワ島のロブスタ(カネフォラ)の二つの品種を比較し、農園、精選工場を中心に視察研修いたします。

    「コーヒー生産国研修」は、毎回日本グリーンコーヒー協会様のサポートを得て実施するものですが、今回はバリ島、ジャワ島では、農園や精選工場を訪問し、栽培から収穫、精選に至る一連の工程を視察しながら、各工程について現地の農場主から細かな説明をしていただけます。
    また、検定委員会の講師も同行しますので、ホテル帰着後には、私たち講師からも視察先の補足説明や参加者のご質問にお答えするフォローアップセミナーの開催も予定しております。

    当研修は、原料調達、製造、品質管理、営業などの第一線で活躍されている方々のスキルアップ、コーヒー検定で学ばれた内容の確認など、どの分野を担当されている方にとっても非常に有意義な経験となることと存じます。

    今後も毎年1回の予定で開催を計画していきますので、機会がありましたら是非ご参加ください。
  • (2014年6月23日更新)
出発しました
6月23日結団式の模様です。26人元気に出しました(事務局)








日程

6月23日(月)

成田発、ジャカルタ経由スラバヤ着 (スラバヤ泊)

6月24日(火)

スラバヤ滞在、コーヒー農園等視察 (スラバヤ泊)

6月25日(水)

コーヒー農園等視察。午後ガルーダ航空にて空路、デンパサールへ (サヌール泊)

6月26日(木)

サヌールからシンガラジャまで専用バスでコーヒー農園等視察 (シンガラジャ泊)

6月27日(金)

シンガラジャのコーヒー農園等視察、クタまで移動。セミナールームにてコーヒーセミナー2時間 (クタ泊)

6月28日(土)

①自由視察 ②市内・カフェ視察及びショッピング。夕食後空港へ移動 (機内泊)

6月29日(日)

デンパサール発、成田着。ガルーダ航空にて帰国の途へ。到着、通関後、自由解散
お問い合わせ
詳細につきましては、連合会事務局にお電話かメールでお問い合わせください。