全日本コーヒー商工組合連合会

お問い合わせ

2015.03.17

新加入メンバーインタビュー/東日本・長野市/珈琲豆 新井商店 新井 弘之 氏

ホームページ委員会
>珈琲豆 新井商店  店主 新井弘之氏

自己紹介とお店のご案内をお願いします。

新井: 珈琲豆 新井商店の店主、新井弘之(あらい ひろゆき)です。
2014年10月1日(コーヒーの日)に開業したばかりの小売店です。それまでは焙煎メーカーに22年勤め、その間に営業、購買、生産国で1年間の実地研修、オリジナル焙煎機の開発など様々な業務に携わる機会を得て、スキルを上げることが出来ました。

豊富なキャリアを蓄積されたうえで、開業なさったんですね。

新井:家庭の事情で地元の長野に戻ることになり、これまでの経験を生かしながら、ひとりでも多くの人にコーヒーの魅力を発信したいというメーカー勤務時代からの想いを実現するために独立、開業しました。
まだ開業して間もないため、現在は一人でも多く、当店のファンになってもらえるよう、日々取り組んでいるところです。

メーカーに勤務されていた時に、記憶に残った出来事はありますか?

新井:2002年の10月から1年ほど中南米各地の生産現場に派遣されました。
コーヒーは、収穫から24時間以内に処理を完了しないと腐敗が進むため、早朝から夕方までに集められた豆の最終処理が終わるのは明け方近くになります。
豆のクオリティに直接つながる、現場で見たり体験したこの経験が、コーヒー文化を伝えたいという今の想いにつながっているかもしれません。

そうでしたか。商品開発についてこだわりはありますか?

新井:「すっきり」した口当たりのコーヒーであることにこだわっています。極端に言えば、コーヒーを口にしたときに舌ではなく脳で風味を感じていただけるような、そんなコーヒーであることが理想です。
そのために、雑味や渋さが残さないようなじっくりと時間をかけた焙煎方法を研究・実践しています。

これからお店にいらっしゃるお客様に、メッセージをお願いできますか。

新井:文字や言葉で風味を表現することには限界がありますから、ご来店されたお客様には、時間が許す限りお好みの銘柄や、お好みの風味のコーヒーを伺い、試飲しながら選んでいただいております。

うれしいサービスですね。お客様の反応はいかがですか?

新井: お好みの風味を尋ねると、「酸味が苦手なので苦みの(あるいは深煎りの)コーヒーを下さい」という声が多く聞かれます。そんなお客様に敢えてグァテマラやケニアなどの酸味系といわれるコーヒーを試飲していただくと、8割くらいのお客様は「こんなフルーティーな酸味なら苦にならない」と仰います。

お客様の希望と違うものを試してもらうわけですね。売れ行きはどうでしょうか?

新井: 試飲した半数以上のお客様にはお買い求めいただけています。このお客様にとっては、これまで苦み一辺倒だったコーヒーの嗜好から、その幅を広げることになり、新たなコーヒーの魅力を見つけられたのではないかと思います。私は今後もそんなお手伝いをしていければと思っています。

メーカーにご在籍のころは、組合とも深いお付き合いだったと伺っています。

新井:メーカー勤務時代に、コーヒーインストラクター検定の講師としてお世話になっていました。
講師として受講生に伝えるべき内容を掘り下げて勉強したり、あるいは受講生からの質問にも即座に答えられるべく周辺知識も深く勉強してきた経験は、今現在、店頭でお客様との応対における知識のバックボーンになっており、このことには大変感謝しております。
今はまだ自店のことで精一杯の状況ですが、いずれは再び検定事業に関わることで、スキルアップや知識向上になり、それが来店客にもより正しくて新しい情報をお伝えできることになり、コーヒー文化の普及に繋がるのではないかと思っています。

これからの組合活動に期待することはありますか?

新井:田舎に引っ込んでしまうと業界に関する情報がなかなか伝わってきませんが、国内外の様々な情報がタイムリーに得られていることは、組合に加入している大きなメリットであると実感しています。

今日はどうもありがとうございました。(編集子 Sq+)

組合員情報

20代からシルバー世代まで、幅広い顧客層に愛される自家焙煎店。 善光寺から市道吉田線(SDC通り)で北東方面に約2Km。 コーヒーがもつ、フルーティな甘酸っぱさをお楽しみいただける豆が揃っています。 50g単位で小売りが可能。試飲サービス有。

珈琲豆 新井商店

〒380-0803 長野県長野市三輪10-4-10
TEL:026-217-1012
営業時間:午前11時~午後7時
定休日:水曜日・第3木曜日

<推薦者より>

キーコーヒー株式会社 柴田裕様

世界各地の生産国を実際に訪問し、それぞれの気候や土壌までよく知っている新井さんが、こだわりぬいて焙煎しているコーヒーを味わっていただきながら、お気に入りのコーヒー豆にめぐりあっていただきたいと思います。
長野の町や善光寺にお越しの皆様も、快活なキャラクターで知識も豊富な新井オーナーとのコーヒー談義を楽しみに、新井商店を訪れてみてください。

問い合わせ
記事の詳細につきましては、下記までお問い合わせください

全日本コーヒー商工組合連合会 事務局

TEL:03-3431-3446 Mail:ajcra@ajcra.org